【30日間無料体験】Amazonのオーディオブックで12万以上の作品が聴き放題 詳しくはこちら

【7年使用】気になる?ポータータンカーバッグの経年変化

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポータータンカーショルダー

この記事では、購入から7年経ったタンカーのショルダーバッグの現状を写真とともにご紹介します。

目次

ポーターのTANKER(タンカー)とは

ポータータンカーショルダー

日本の老舗鞄メーカー、吉田カバンのオリジナルブランド「PORTER(ポーター)」 の中でも、根強い人気を誇る「TANKER(タンカー)」。

アメリカ空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフにしたオリジナル生地で作られたバッグで、定番アイテムは約60型。コラボモデルを含めると、100型を超える人気シリーズとなっています。

ポータータンカーの経年変化って?

ポーターの公式サイトやショッピングサイトのタンカー商品の説明欄を見てみると、目に入る「経年変化」という文字。

本革製品の経年変化なら分かるけど、ナイロンバッグの経年変化って?と思う方もいるかもしれません。

1983年に発表された、PORTERの代名詞である「TANKER」シリーズです。
(中略)裁断から縫製・パーツに至るすべての工程で、吉田カバンの職人の徹底したこだわりが詰まったシリーズです。(中略)また、発表当時では珍しかったアルミファスナーやスナップボタン、ナスカンなどの金具類は使うにつれて経年変化が表れるように、あえて塗装が剥がれるようにしています。

TANKER | SHOULDER BAG(S) | 吉田カバン | YOSHIDA & CO., LTD. (yoshidakaban.com)

経年変化が表れる主な部分

ポーターの商品概要によると、経年変化は金具類に表れてくるようです。

  • アルミファスナー
  • スナップボタン
  • ナスカン(Dカン・角カン)

7年目の経年変化は?

ポータータンカーの経年変化が表れる主な部分

おもに日常や旅行のサブバッグに使っているタンカーショルダーバッグ。

通勤バッグのように毎日長時間使っているわけではないので、ボロボロにはなっていませんが、下記の3か所に少しずつ「経年変化」が見られました。

  • 角カンの塗装剥がれ
  • 裏地の汚れ・傷
  • ベルクロの毛羽立ち

アルミファスナー

ポータータンカーアルミファスナー

メッキの剥れや変色など大きな変化は見られませんが、ややくすんできました。

スナップボタン

ポータータンカースナップボタン

塗装の剥がれはありません。

ボタンはむき出しではなく、生地が被さっているので比較的きれいな状態を保っています。

角カン

タンカーショルダーバッグの経年変化した金具

ショルダーストラップの金具です。

金具類の中では、唯一塗装が剥がれている部分でした。
ダークグレー色の塗装が少し剥がれて、下のシルバーがうっすら見えています。

数回の使用でも塗装が剥げてしまう部分なので、良い状態を保つことは難しいかもしれません。

ラベル

ポータータンカータグ

織ネームの破れや糸のほつれもなく、きれいな状態です。

表地・裏地

ポータータンカー裏地

表地はひっかき傷もなく、意外ときれいな状態。
色はブラックを選んだので、汚れが目立ちにくくて良かったなと思います。

裏地は細かな汚れ(おもにボールペンのインク汚れ)や、ひっかき傷が数か所ありました。
鮮やかなレスキューオレンジも若干くすんでいますね。

ベルクロ

ポータータンカーベルクロ

表のポケットは頻繁に使うので、多少の毛羽立ってきました。

おわりに

以上、タンカーショルダーバッグの7年後の経年変化でした!

意外と「経年変化」ってほどの変化はまだなかったかもしれません。
使用頻度や扱い方にもよりますが、7年経ったわりには比較的キレイなほうかなと思います。

参考になりましたらうれしいです。

目次