快適アイテム

【暑すぎる?】モンベル・ジオラインEXP(厚手)を普段使いに選んだ理由

モンベル・ジオラインEXP
悩むイカ

モンベルのジオラインEXPって普段使いできるかな?

macome

ジオラインEXPは普段使いに最適。むしろ、アウトドアで着るだけではもったいない~!

この記事を読んでわかること
  • モンベル・ジオラインEXPを普段使いに選んだ理由
  • モンベル・ジオラインEXPのメリット・デメリット

モンベルのアンダーウェアなんて、普段の生活にはオーバースペックかな?

と思う方もいるかもしれませんね。

実際に私がそう思っていました。
でも、ジオラインEXPを着てみると高性能なウェアだからこそ、日常生活にもっと取り入れたいと思うようになりました。

今回は、そんなモンベル・ジオラインEXPを普段使いに選んだ理由をお話しします。

モンベル・ジオラインって何?


アウトドア総合ブランド「モンベル(mont-bell)」の

  • 保湿性
  • 速乾性
  • 快適性

を兼ね備えたアンダーウェアです。

用途に合わせて3種類の暖かさ(生地の厚さ)が選べます。

生地の厚さ用途例
薄手 (ライトウエイト)1年を通して活躍するトレッキング、サイクリング、ウォータースポーツ
中厚手( ミドルウエイト)適度な保湿力を持ち汎用性に優れるトレッキング、登山、スノースポーツ
厚手 (エクスペディション)最高の保湿性を保ち厳冬期に最適冬季登山、スノースポーツ、長期遠征

モンベル・ジオラインEXPを普段使いに選んだ理由

モンベル・ジオラインEXP

セーターや重ね着で寒さをしのぐのは限界。
「肌に直接触れるアンダーウェアをもっと暖かくしたい」

最も寒い場所(=雪山)で着用するアンダーウェアが最強なのでは?

と思った私は、登山用品で有名なモンベルの「ZEO-LINE(ジオライン)」にたどり着きました。

普段使いに選んだ理由は、冬季登山やスノースポーツ向けの厚手のアンダーウェアで暖かくないのなら、ほかに選びようがないと思ったから。

日常使いには価格も機能もオーバースペックな気はしましたが、これで冬の寒さが少しでも和らぐのなら…と、思い切って購入しました。

モンベル・ジオラインEXPのメリット・デメリット

モンベル・ジオラインEXPを着用して1シーズン。
メリットを感じつつ、デメリットも見えてきました。

  • 汗冷えしにくい
  • 肩回りが動きやすい
  • 服のそでから見えにくい
  • 銀イオンの制菌効果
  • 毛玉ができる
  • 生地が擦れる・破れる

それぞれ説明しますね。

○汗冷えしにくい

暖房の部屋に居続けても、汗で体が冷えにくいように感じました。
熱がこもって不快になるということもありません。

○肩回りが動きやすい

肩回りが動きやすい

ラグランスリープのような縫い目で、腕上げしやすく、動きやすいです。
伸縮性があり、適度なフィット感があります。締め付け感などはありません。

○服のそでから見えにくい

モンベル・ジオラインの長所

そで丈が少し短いので、服のそでから見えてしまうことがないですね。

また、そで口がゴロつかないように、縫い目が斜めにズレて作られています。
おかげで、そでまくりも不快な締めつけ感がありません。

○銀イオンの制菌効果

出典:モンベル公式オンラインショップ「ジオライン EXP. ラウンドネックシャツ Women’s」

モンベル・ジオラインには繊維に銀イオンを発生させる成分を練り込まれており、発生した銀イオンが、においの原因となる細菌を時間とともに減少させる制菌効果があるそうです。

細菌そのものの減少にはつながらない「抗菌防臭」とは違い、さらに高い防臭効果を発揮。
しかも、その効果は半永久的に持続だとか。

macome

泊りがけの遠征や旅行には嬉しい機能ですね

さすがはモンベルのアンダーウェア。
しかし、メリットばかりではありません。高機能ゆえに欠点も・・・。

△毛玉ができる

モンベル・ジオラインの短所

写真の通り、毛玉ができやすいです。
とくに脇や腰あたりに集中して毛玉ができました。

毛玉取り器を使うときは、生地に穴を開けないよう非常に気を使います・・・。

外に見えにくいアンダーウェアなので気にしなければ良いのですが、
この点、手間に思うかもしれません。

△生地が擦れる・破れる

モンベル・ジオラインの短所

けっこう気を使って着ているつもりですが、他のインナーに比べると生地が擦れたり、破れやすいのが難点。

さまざまな機能を兼ね備えているせいか、繊細な生地という印象です。

モンベル・ジオラインの洗濯方法

  • 乾燥機は低温で
  • 濡れたままの長時間放置は×
  • 最初の洗濯は他のものと分けて洗う
  • 柔軟剤の使用は避ける

素材は、モンベルがアンダーウエアのために糸一本から独自開発した高性能素材の「ジオラインⓇ」。ポリエステル100%です。

マイクロファイバーのため、速乾性が優れています。

厚手(エクスペディション)は、室内干し2時間くらいでだいたい乾きました。
ちなみに、薄手(ライトウエイト)の乾燥時間は30分だそうです(公式より)

モンベル・ジオラインEXPは暑すぎる?

ジオラインEXPを実際に着てみて、どう?

あくまで個人の感想ですが、確かに暖かいけれど「暑すぎる!」ってほどではないですね。

冬は重ね着が多いので、このくらいで丁度良いとも感じます。

さすが、アウトドアブランドというか、
たくさん動いても汗冷えしにくいといった機能性を重視したアンダーウエアだと思います。

ユニクロのヒートテックウルトラウォーム(超極暖)と着比べてみました。記事はこちら↓

ユニクロ・ヒートテック(超極暖)とモンベル・ジオラインEXP(厚手)を着比べ【冬のアンダーウェアを比較】

おわりに

以上、 モンベル・ジオラインEXPを普段使いに選んだ理由でした。

毛玉や洗濯など取り扱いには気を使いますが、それを上回る「快適性」が気に入ったので、2着目を買いました。

他のアンダーウェアと併用しながら、秋から春先まで出番があるので、そこまでコスパが悪いとは感じません。

モンベル・ジオラインEXPのまとめ
  • 汗冷えしにくく保湿性が高い
  • 独自の縫い目で締めつけ感がなく動きやすい
  • 毛玉や生地擦れなど取り扱いには少々難あり

アンダーウェアを暖かくして、快適な冬を過ごしましょう!