お出かけ

【ひとり参戦】観たいライブは一人でも行くべき理由

こんな方におすすめ
  • ライブに行ってみたいけど、1人だと勇気がない
  • 行きたいライブに1人で申し込もうか迷っている
  • 友達と行く予定が、急遽1人で行くことになった

「(自分の)この目にライブを焼き付けたい」

その一心で、先日ジャニーズのライブに初めて1人で行った私が、観たいライブは1人でも行くべき理由と一人参戦のメリット・デメリットをお話しします。

誰かと一緒に行くライブも楽しいけれど、1人で行くライブも新しい発見があって楽しいですよ。

観たいライブは一人でも行くべき理由

  • ライブを観ることが最大の目的
  • ライブに行った経験が一生残る
  • 誰かと行くは「手段」と考える

ライブを観ることが最大の目的

ライブに行く最大の目的は、ライブを観ることです。

  • 好きな”推し”を生で見ること
  • 生の音楽を聞きに行くこと
  • 会場の空気感を直接肌で感じること

ライブは「生もの」です。ステージ、セット、照明、MC…、会場の雰囲気を体感できるのはライブ会場に足を運んだ人だけ。
今まで画面越しに見ていた”推し”を実際に自分の目で見たとき、思わず「あぁ本当に実在する人だったんだ」と込み上げてくる、あの感動は何年経っても忘れられません。

一緒に行く人がいないからといって、観たいライブを諦めてしまうのはもったいないです。

ライブに行った経験が一生残る 

「1人でも行くことを決心して実際に行動した自分を褒めたい

一人参戦した帰り道にいつも思うことです。

”ライブに行った”という記憶と経験が自分の中に残り続けます。
何年、何十年経っても、会場で見た景色が残るんです。

ライブに申込みしなかったら、行かなかったら、当たり前ですがその記憶は残りません。

どうしても観たいライブがあって、時間的にも都合がつくのなら、1人でも勇気を出して申し込んで行くべき。せっかくの機会を逃さないようにしましょう!

「誰かと行く」は手段と考える

「誰かと行く」は、手段として考えましょう。
冒頭にもいいましたが、目的はあくまでライブを観ることです。

無数にある音楽の中で、たまたま同じ”推し”が好きな友達がいて、一緒にライブに行けたらラッキー!くらいに思っておきましょう。

一人でライブに行くメリット

自分の好きなように決められる

何時に会場へ行くか、どこで食事を取るか、どこに宿泊するか、すべて自分1人で決めることができます。

計画を立てることが好きな方は、この段階から楽しみなのではないでしょうか。

とくに宿泊する場合は、場所も予算も自分で自由に決められます。泊まってみたいホテルや旅館に、奮発して泊まってみるのも一人参戦の記念となって良いですね。

ライブに集中できる

ひたすら目の前のライブだけに集中できます。同行者との熱量や温度差を気にしないでいいし、気を遣う必要もありません。たとえ双眼鏡でガン見するのも自由です。

最初から1人で申込むなら、ドタキャンされる心配もなし

自分の好きなことだけを考えていられる、こんな贅沢な時間はなかなかありません。

ライブ当日まで、自身の体調管理を徹底しましょう。

一人でライブに行くデメリット

周りの目が気になる

「1人でライブに行く勇気がない」最大の理由は、周りの目が気になるからではないでしょうか。

たとえ、自分の周りの席には同じような一人参戦者がいなくても、何千人、何万人集まるアリーナやドーム規模の会場でも、その会場内には絶対一人参戦者がいるので安心してください。

あくまで私の経験上ですが、申込みが一人の場合は席が通路側になることが多いです。公演中は両隣を気にすることなく鑑賞できるメリットがありますよ。

周囲が気になるのは、ライブが始まる前までの時間だけ。公演中、公演後は周りの目なんて気にならなくなります。

開演までの時間をどう過ごすかだけを考えましょう!

待ち時間が心細い

1人でライブに行くデメリットの2つ目は「待ち時間」ではないでしょうか。

グッズの列に並んだり、開演前まで会場の席で待ったりと意外とライブが始まるまで「待ち時間」が多いです。1人でライブに行ったときは、この時間が心細いですね。

しかし、近年のライブは感染対策のおかげで、この「待ち時間」が以前よりも格段と少なくなりました。

個人的には、初めて1人でライブに行くという場合もコロナ後のライブのほうが行きやすくなったと実感があります。

開演を待っている間はレンタルした双眼鏡の使い方に慣れるため、ひたすらレンズを覗いて会場を見渡していました。おかげで、本番(公演中)は難なく使いこなせました。

関連記事:ライブにはレンタル防振双眼鏡がおすすめ【選び方と人気の防振双眼鏡5選】

感染対策からみえた一人参戦のメリット

感染対策のおかげで、1人でライブに行きやすくなった理由が3つあります。

  • ライブグッズの事前購入
  • ライブ入場時間の指定
  • 声援ではなく拍手で反応

とくに会場やファンの雰囲気がわからない、初めて行くアーティストのライブに行きやすくなったと感じます。

主催者によって感染対策が異なる場合がありますので、各自でご確認ください

1-ライブグッズの事前購入

感染対策の一環で、ライブグッズを通販サイトで事前に購入できるようになりました。

一人参戦者にとって、グッズの販売列に何時間も並ぶことは、結構しんどかったりします。

グッズを購入するための待ち時間がなくなっただけでも、だいぶ一人参戦のハードルが下がったことを実感しています。

2-ライブ入場時間の指定

数万人規模のドーム会場では、観客ごとに入場時間が指定されていました。

一人参戦者にとっては「並んで待つ時間」が省けるメリットがあります。

会場に入ってから開演までの時間の過ごし方ですが、トイレを済ませたり、人間観察していたりすると、案外1人でも時間が潰せますよ。

3-歓声ではなく拍手で反応

「大声での声援、歓声は控える」ことは、1人でライブに行くハードルを下げてくれました。

観客の反応を歓声ではなく拍手やペンライトで統一することで、初めてライブに行った人も周囲のファンのノリに圧倒されずに集中して楽しめます

とくに初めて行くライブやコンサートは、周囲のファンの様子も気になりますからね。

一人参戦のポイントは、周りの目を気にしないこと

さいごに、一人参戦のポイントはたった1つです。

周囲を気にしない

たとえファンの年齢層、性別、雰囲気が自分の属性と違っても気にしない。

ここからは余談ですが、ファンの雰囲気はSNSの情報だけでわかりませんでした。というか、その点をあまり気にしてなかった。

実際に会場に到着してみると、会場の外で開場を待っている方々と自分の属性(タイプ)が明らかに違うと気がつきました(笑)。思わず「ヒエッ」となった。

「早く会場の中へ入ってしまいたい」「会場でグッズ販売がなくてよかった」と心底思い、その場を早歩きで去りました。

同じ歌手やグループを応援するファンってどことなく雰囲気が似ていると感じるのですが・・・違ったみたいです。

無理に外見や服装を合わせようとは思いませんが、それでもまた(一人でも)観にいきたいです。なぜなら、ライブがものすごく楽しかったから。

おわりに:勇気を出してライブに行こう

今までさまざまなライブに1人で行きましたが、ジャニーズのコンサートに一人参戦したことで、行きたいライブは1人でも行くべきだと改めて強く思いました。

当選して行くまでの楽しみと公演中に感じた高揚感と終わった後の余韻を合わせたら、一緒に行く人がいないという理由で申込みを諦めなくて良かったし、1人でも勇気を出してライブに行って本当に良かったです。

世の中ありとあらゆるモノがある中で、今このタイミングで「ライブに行ってみたい」という自分の琴線に触れたのだから、その気持ちを大切にしてほしいと思います。

行ってみたいライブがあるなら、1人でも勇気を出して申し込んでみましょう。
広い会場のどこかには、同じく勇気を出して申し込んだ一人参戦者がいるはずです。

”推し色”の双眼鏡をお守りにしてもいいですね!

ブラック・イエロー・グリーン・パープル・ブルー・ホワイト・レッド

1人でも多くの人が観たいライブに行けますように。

関連記事:趣味がなくても楽しめる!ひとり時間を充実させる休日の過ごし方16選